« 2014年11月 | トップページ | 2015年2月 »

2014年12月30日 (火)

2014年を振り返る

ど~も、僕です(・ω・)

気が付けばもう年末という本当にドタバタな状態でしたが、とりあえず提出しなければならない書類はひとまず全部提出することが出来ました。

その引き換えにPCの調子がすこぶる悪いという~本当に勘弁してほしい状態となっております。

さて、2014年ももう終わりますが、例年の商店街行事の他に2014年は元旦から北日本新聞の今朝の人から始まり、そこから4コマまんが総選挙企画、自民党県連青年局主催の政策コンテスト参加、県中小企業団体中央会の地域小売業者魅力創出支援事業の委員就任、継続中の西町商店街とのまちづくり合同勉強会の参加、大手モール振興会との合同企画、まちなか関係のことでの講演会、富山市商店街連盟の色々、富山商工会議所の色々、県商店街振興組合連合会の色々、各種新聞や雑誌の取材&メディア対応、各種企画提案&書類作成など、本当にたくさんの経験をさせて頂いた1年でした。

まぁやり切ったな…と(笑)

そしてその経験とともにまた新しい仲間が増えたりと、この33年目の人生において一番飛躍出来た1年だと思います。

ただ残念だったのが、12月に富山クリエーター大賞にエントリーするも落選したことくらいでしょうか。

もしここで何かしらの賞を頂けた際には来年もう一つ起業を考えていたのだけれども…(>_<)

とりあえずそこはもう一度考え直して、どうするか判断しようかと思います。

少しずつ来年の仕事や、やるべき事も出てきました。

それらも踏まえてまた新しい一歩を踏めるようにとりあえず、残りの2日間頑張りたいと思います。

皆様、1年間ありがとうございましたm(_ _)m

そしてお疲れ様でした!!

 

P.S 話題に出ませんでしたが、せからしやはいつも通りです(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年12月 4日 (木)

今夜はせかラジ屋&先週視察へ行ってきました

ど~も、僕です(・ω・)

いつのまにか師走へ入り、そして寒くなり、なかなか布団から出られない時期がやってまいりました。

そんな中ですが、先週の11月27日、28日と富山市商店街連盟の視察で東京へ行ってまいりました。

 

第一目的地 2k540 AKI-OKA ARTISAN

Img_2523_3

秋葉原駅と御徒町駅の間の電車のガード下をJR東日本都市開発さんが再開発したものです。

アーティストが自ら工房兼ショップという概念の元テナントとして入っている感じ。

たしかにワークショップとかやりやすいし、色んな発想で物事出来そう。

土地の有効利用も含めてメード・イン・ジャパンの底力みたいな感じでとても良い開発なのではないかと思いました。

 

第二目的地 COREDO室町・日本橋周辺

Img_2534

三井不動産さんが日本橋で行っている再開発。

とにかくすごい。ビル、ビル、ビル、で近代再開発の大御所だと思います。

テーマ『残しながら、蘇らせながら、創っていく』のもと、老舗を大事にしている感がすごく感じられたのだけども、再開発の規模が大きすぎるため頭が付いていかない(笑)

財閥のチカラってすごいです…。

 

第三目的地 戸越銀座

Img_2551


商栄会商店街、戸越銀座商店街、銀六商店街が合わせって戸越銀座ということらしい。

なんというか、歴代の視察の中では個人的に一番勉強になった商店街だと思います。

時代と共にすたれていった→どうにかしたいと思った→重鎮とケンカしながら色々な方法で活性化に挑戦→現在活性化成功!

みたいに、誰もがお手本となるような”THE 商店街”だと思います。

しかもあげく、三つの商店街を一括にしてプロモーションして戸越銀座にまとめちゃってるからね。

圧巻。

熱いお話をして頂いた銀六商店街亀井理事長、ありがとうございましたm(_ _)m

大切なのは諦めないことです。

すんげぇ刺激受けました。

ちなみにウチの商店街の理事長と亀井理事長はタメらしい(笑)

更なる刺激でしょう!!

またプライベートで話聞きに行きたいなぁ…。

戸越銀座、それでも、ここまで活性化していても、悩みは尽きないそうです。

商店街問題って、やっぱり大変ですよね(_ _;)

 

そんなわけでたくさんお勉強させて頂いた視察でした!!

次はどこへ行くのか、また楽しみに待つことにしましょう。

 

さて、木曜なのでせかラジ屋DAYです。

なんといいますか、発熱、鼻声、頭回ってない感が満載でディレクターに頼ってます。

頭グルグル視察報告の『せからしや清水トモキのせかラジ屋』は富山シティエフエム77.7MHzで18時30分より放送♪

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2014年11月 | トップページ | 2015年2月 »