« ライフスタイルという壁① | トップページ | 気が付けば文月と平成28年度企画『GANKO Friends』第一弾とエトセトラ »

2016年3月30日 (水)

ライフスタイルという壁②

ど~も、僕ですcat

気が付けば明日で年度末という~、もう今年の四分の一が終わるということになりますthunder

このタイミングだからかはどうかは分かりませんが店を辞められる人、店を始められる人、近場でもちょこちょこ出ていますeye
むしろ前者が多いのだけども…

たしかに、なんだかんだ言って不況だと思うwobbly
まちなかうんぬんではなく、全体的に不況だと思うsweat01
それが消費税のせいだけではないと思うけど、なんとかしてほしいし、なんとかなってほしいと思いますdash

さてさて、まちなか出店が少ないというのはまぁ色々な問題(来る人が少ないとか、家賃が高いとか)があるわけですが、というよりも日本人的な発想で独立採算性の最たる自営業(起業)という選択肢をする人たちがそもそも少ないという現実はあるわけですtyphoon

(戦後、GHQの支配下に置かれた影響が未だにあるのかどうかは今回は考えない)

日本人、”勤勉”とか”真面目”とか良いイメージの反面、”保守的”とか”チャレンジ精神が乏しい”とかの面も見え隠れするわけで。まぁ別に”保守的”は良いイメージでも使うか?

でもね正直、そりゃここまで不況だとさ、ある程度の仕事と給料の保障があったらいいなとは確かに思いますわthunder
とはいえ、一度しかない人生を精一杯楽しむという面では、無謀なことでも楽しんで挑戦しようとしている欧米の方々とかはスゴいと思うわけでbomb(ごく一部でもないバカっぷりは本当に脱帽モノだ)

いわゆる『生活の豊かさよりも心の豊かさ』的な??
まぁ個人的にはあまりにも勝ち目のない商売はやりたくはないけどねpaper

まぁ人生そんな甘くないのが現実だけども、日本人ももう少し”バカやれる強いハート”が欲しいものですup

結局、商店街だろうが、自治体だろうが、国だろうが、活性化の第一歩目というのは雰囲気つくりですsun

精神論キターhappy02

一度しかない人生、自身が納得のいくようにやっていきたいじゃんねshine
ちなみにうちの商店街、比較的物件安いし、協力的ですぜ(笑)happy01

|

« ライフスタイルという壁① | トップページ | 気が付けば文月と平成28年度企画『GANKO Friends』第一弾とエトセトラ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/185139/63416726

この記事へのトラックバック一覧です: ライフスタイルという壁②:

« ライフスタイルという壁① | トップページ | 気が付けば文月と平成28年度企画『GANKO Friends』第一弾とエトセトラ »